恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

「よんさん」さんの殿堂


「よんさん」さんのコレクションの第1弾は1992年のエリート、1768-4です。Deep Bowlで鳴りもメチャメチャいいそうです。今のエリートよりも丁寧な仕上げを感じさせるころのものですしこれからまだまだバリバリ弾けそうなギターです。最近トップが木製のOvationでもAdamasに負けないものがいっぱいありますのでまっし〜やんも最近はエリートを弾く機会が増えています。ちなみに「よんさん」さんが以前使っていたセレブリティは現在「よんさん」さんの娘さんが使っているそうです。でも「Ovationオーナー進化論^^」によるとどんどんいいOvationが欲しくなってくるものです。「よんさん」さんのコレクションが娘さんのものになってしまうのもそう遠い日ではなさそうですね(^^)。
続いて1996コレクターの「1996-TPB」です。ステレオアウトでプリに「HexFx」を使った実験的な要素の強いモデルです。ハッキリ言ってまっし〜やんはこのギターは大好きです。バーガンディのワインカラーといい、パールを使った装飾といい、外見だけでもすごくいいです。Mid-Depthですが鳴りのバランスがとてもいいギターです。ただまっし〜やんの1stのOvationであったにもかかわらず、一時の気の迷いで他の人のところで元気に弾かれています。機会があったらまた買いなおしたいほどステキなギターです。
またまた実験的な要素の強い1997コレクターの「1997-7N」です。1997には2種類あり、7Nはネックがナロウで7Wはネックがワイドの仕様になっています。新企画の「TSシステム」というプリアンプ、タッチコントロールでのボリューム操作と先進なぎ術を搭載しながらも、外見は現在のOvationでは珍しいスロッテッドヘッド、12フレットジョイント、アウトプットはエンドピン兼用と普通のアコギに近いモデルになっています。Ovationを見慣れた私達には逆に新鮮なのかな。それゆえOvationファンの方々には賛否両論があるモデルであるのも事実です。「よんさん」さんは一度手放されたそうですがまた買い戻されたそうです。このモデルを手放すと1996コレクターズのまっし〜やんみたいになりますよ^^。
2000年に「20th Century Memorial Guitars」というシリーズで出された内の「The Earth Memorial Model」です。このシリーズはカスタムエリートの「The Sun」「The Earth」とカスタムレジェンドの「1779-N2K」、それにアダマスSMTの「The Universe」の4つのモデルになっています。太陽系の惑星を表したフレットインレイと2000年12月31日の太陽系の惑星の位置を示したラベルが特徴です。ちなみに「CHARモデル」や「尾崎豊モデル」と同様に日本向けのモデルです。
この「The Earth」モデルはトップはフレイムドメイプルで、カラーは特別色の「Deep Ocean Blue Stained」が使われています。ミスチルの桜井氏も以前はステージで使っていたそうです。
見栄えもかなりいいですが、やはりカスタムエリートベースなので音もしっかりしています。
1996年のOvation誕生30周年のときに「ネイチャーシリーズ1996」として限定発売されたものです。カスタムレジェンドが1つ、カスタムエリートが3つ、そしてこのアダマスが1つの計5モデルで各々100本限定です。カスタムレジェンドにはアメリカの国鳥であるハクトウワシの頭部がボディに描かれており、カスタムエリートとアダマスにはその羽がヘッドの描かれているのが特徴です。
このアダマスのNNS-781のは-2、-5、-8のカラーがありました。ちなみにまっし〜やんは今までに-5は2台見たことがありますが、-2は初めて見ました。-8はまだ見たことがありません。かなりレアなモデルです。
またこのアダマスの特徴はボディがMid-Depthです。おそらく他のシリーズとボディを共通にしたためにそうなったのでしょうが、OLDアダマストップのギターでMid-Depthは他のカタログモデル等には類を見ない珍しいものです。
まっし〜やんが昔買いそびれて悔しい思いをしたギターです。大事にしてくださいね。